故人をきちんと弔う為に準備や葬儀の後やるべきことを知ろう

ページトップへ

葬儀のことは
専門の業者に依頼する

好きなスタイルで

葬儀は、厳かに行うことが一般的でしたが、現在では個性的に行うものも増えてきています。
ホテルで行われているのが、お別れ会や偲ぶ会と呼ばれるもので、ホテル葬とも呼ばれています。
無宗教葬といって、自由な形で行う葬儀として、いま多くの人が行なっています。
また、自由葬というものも確立してきています。
これは、プロデュース葬ともいい、自由な発想で行う葬儀のことを指します。
他にも生演奏を行い、音楽を捧げる献奏というスタイルをとる音楽葬もあります。
自然葬や樹木葬という、散骨をして自然にかえす形も出てきています。

一般的な葬儀の形をしたいのであれば、家族葬や密葬を行うといいでしょう。
これらは、親しい親族だけで行なわれるもので、密葬は本葬とセットで行われるものになります。
故人が有名な人だったり、社葬といって会社での葬儀が行われたりするときには、まず始めに親しい人だけで密葬を行い、その後多くの参列者を招く本葬を行います。
家族葬は、単独で行うもので、他の人に失礼がないように、弔問・供花・香典といったことの辞退をして、親しい人たちだけで行なってきます。

宗教によって、葬儀のスタイルも異なってきます。
仏式葬儀・キリスト教葬儀・神式葬儀などの形があります。
様々なスタイル・形があるので、どういったやり方をしていくのか、話し合って決めましょう。
告別式や葬儀式といったものでも、ビデオを流したり、記念コーナーを設けたりと、新しい形が生まれています。
費用をかけないものや、直葬といって火葬のみ行うものもあるので、事前に相談するのもいいでしょう。