故人をきちんと弔う為に準備や葬儀の後やるべきことを知ろう

ページトップへ

葬儀のことは
専門の業者に依頼する

見積もり書の確認

葬儀を依頼する前に、複数の葬儀社の見積もりを出してもらってから、検討する必要があります。
見積もり書を見るときのポイントや、基本的に必要なものを知っておく必要があります。
葬儀一式や基本プランというものがありますが、葬儀社によってコースやプランの内容は異なります。
このプランやコースの金額が、葬儀の総額でないということは把握しておきましょう。
基本的なものなので、接待飲食費用や寺院費用が含まれていない、本体費用のみの場合があります。

葬儀一式・基本プランには、火葬場費用・式場使用料・返礼品の費用が含まれています。
どういったものが葬儀に必要なのかを知ることがとても大切です。また知ることで見積もり書を見るときのポイントも分かってきます。
葬儀にはグレードがあり、決め方としては、全体の予算から必要なものを差し引いて行く方法がいいでしょう。
そのときに、見積もり書に何が含まれている、いないのかを確認します。
お布施や香典返し以外の全てが、見積もり書に記載されているのかどうかを確認しましょう。
必要なものをピックアップしていき、それが全て入っているのかどうかの確認も大事です。

見積もり書を見るときに、必要なものの個別の料金が書かれているのかどうか、確認が必要です。
大まかなセット料金・コース料金しか記載がない場合は、詳しい料金を聞きましょう。
数量があって、単価の記載がないときにも、いくらなのか確認します。
予算も伝えながら、全体でいくら必要なのかを慎重に見ていきましょう。