故人をきちんと弔う為に準備や葬儀の後やるべきことを知ろう

ページトップへ

葬儀のことは
専門の業者に依頼する

生前予約する

葬儀は、亡くなった後に遺族が様々なことを決めることになりますが、現在、生前予約といって、亡くなる前に自分で決めることも出来るようになっています。
事前に葬儀社を決めて、相談しながら、どういった葬儀をしたいのかを決めていきます。
これは終活と呼ばれ、独り身の高齢者や家族に迷惑を掛けたくないと考える人が、事前に亡くなる前に様々な手続きを行なっていくものです。
費用も、自分で決めることができ、かつ最初に費用を葬儀社に渡しておくことも出来るようになっています。
葬儀の内容だけでなく、お墓のことや遺品整理の依頼なども行うことが可能です。

生前予約は、様々な葬儀社や互助会が取り扱っていて、契約に関して確実に執行してもらうために、遺言や公正証書の作成・発行が必要になります。
互助会で、葬儀費用の積み立てを行なっていくのも、生前契約の中の一つになります。
生前予約・契約をして事前に支払いを済ませておく場合は、その葬儀社や互助会が破綻しないかどうか見極めるのも大切で、将来を見据えて依頼する必要があります。

生前に、葬儀に関して決めたことを示すものとして、エンディングノートに書くという方法もあります。
亡くなった後の葬儀や遺産の取り決めなどを書いておくと、後に家族に伝わりやすくなります。
亡くなった後のことを決めることも出来ますが、生きている間に葬儀を行う生前葬も人気が出てきています。
お世話になった人・感謝を伝えたい人に対して、亡くなる前に葬儀をして伝えるというものです。
このスタイルによって、後悔を少なくすることが出来ます。
生前に予約や契約する・生前葬をするなど、前もって自分で決めて行う人が増えています。