故人をきちんと弔う為に準備や葬儀の後やるべきことを知ろう

ページトップへ

葬儀のことは
専門の業者に依頼する

葬儀費用

葬儀の費用は、いくらかかるのか不安になってしまいます。
場合によって、高額な請求が来てしまう可能性もあるので、そうならないために、見積もりを行うことはとても大切です。
しかし、葬儀費用は出費だけではなく、収入もあるので、焦る必要はありません。
また、葬儀のスタイルによって、費用を抑えることも出来るので、一概に葬儀費用が高いというわけでもありません。
葬儀には、主に3つの費用が必要になってきます。
葬儀の本体費用と呼ばれるもの・寺院費用・接待飲食費用が必要になってきます。

葬儀は、費用がかかるイメージがあり、節約したり簡素化したりしょうとする人もいますが、出費だけではありません。
香典という形で、収入もあると考えましょう。
仏式葬儀のときに、線香や香の代わりに仏前に供えるものだったのが、いまではどの葬儀のときにも、お悔やみの証として香典を渡す習慣が出来ています。
また、近年生命保険に葬儀費用の補助が特約として組み込まれているものもあります。
故人が保険契約をしていたら、お金が支払われるので、これも収入として葬儀費用にあてることが出来ます。
健康保険組合でも、加入者が亡くなった場合、総裁補助金や埋葬費といったもので一定額支給されることもあります。

葬儀にはお金がかかりますが、保険や補助金・香典といった収入源も含めて計算する必要があります。
本体費用や接待飲食費用など、出て行くお金と入ってくるお金のバランスがとても大切です。
香典の金額も、故人の人脈や関係によってある程度の相場を見積もることが出来ます。
負担とならないように、実質的な予算の見通しや費用の計算をしっかりとしていきましょう。