故人をきちんと弔う為に準備や葬儀の後やるべきことを知ろう

ページトップへ

葬儀のことは
専門の業者に依頼する

葬儀の前に

葬儀を行なっていくときに、葬儀社を選んでいきますが、そのときに行うべきことがあります。
葬儀に関して知識がほとんどない人が多く、また精神的にも辛い状況の場合が多いですが、葬儀社を選ぶときには複数のところを比較しましょう。
自分の希望や主張を受け入れてくれるところを選ぶといいでしょう。
また、現在多くの人は病院で最期を迎えますが、そのときの搬送に関して考えなければなりません。
病院から紹介された葬儀社に依頼することも可能ですし、あるいは既に依頼するところが決まっているのであれば、そこに依頼することが出来ます。
焦らずに、料金を比較することも大切になります。自宅にすぐ搬送出来ない場合は、葬儀社の霊安室で一旦保管をしてくれることもあります。

葬儀前には、葬儀社と斎場選びが必要になります。
斎場から決めて、そこで葬儀を行なっているところを選ぶということも可能です。
葬儀場にも、様々な種類がありますので、どこで行うのかを決めることが必要になってきます。
専門の葬祭会館や斎場で行うのが一般的になっています。
他には、宗教施設の寺院や神社・教会で行うことも出来ます。宗教者は、こういった場所で行うことが多くなっています。
また、昔ながらの自宅で行うということも可能です。故人を自宅から見送りたい・費用面が厳しいといった人は、今でも自宅で行なっています。
現在は、ホテルでお別れ会や偲ぶ会といった形で行うこともあります。
自治体や公共団体の施設を貸し切って行うことも出来ます。